夢野久作とアジアの夜明け

  • 夢野久作とアジアの夜明け

    第1回『犬神博士』の巻・その1/ 2021年1月30日(土)Zoom配信

  • 夢野久作とアジアの夜明け

    アジアに駆ける人々の熱き魂とは

※本イベントは、運営会場での新型コロナウィルス感染拡大予防のため、開催延期となりました。
開催日は追ってお知らせ致します。


日本のいにしえオンラインライブ

夢野久作とアジアの夜明け

第1回 『犬神博士』の巻・その1

― 暗黒から夜明けへ その時代を生きた人々 ―

「ドグラ・マグラ」などで知られる作家・夢野久作
彼の生きた明治中期から昭和初期は、まさに「興亜」の時代でした。
ある者は大陸で成功することに憧れ、ある者は欧米の植民地となった国々を自国民の下に取り返すため、中国やインドなどの独立運動に、その身や財産を、見返りも求めず惜しみなく投じて行きました。
このオンラインライブでは、夢野久作作品にモデルとして取り上げられた、そのような「純粋な熱き魂」を持った人物や出来事を、地元である福岡の写真資料などを交えながら、分かりやすく楽しく語って行きます。Zoomによるインターネット配信を利用し、視聴している皆様からの質問にも直接お答えするコーナーもご用意しております。
第1回目は『犬神博士』をテーマとしてお送り致します。

『犬神博士』

『犬神博士』は、夢野久作の長編小説。1931年(昭和6年)9月から約4ヶ月間にわたって「福岡日日新聞」上に連載された。日清戦争前の筑豊・直方地方で起こった石炭にまつわる騒動を、大道芸人の子供の視点から描いた。実在の出来事や人物を元にしているが、虚実渾然一体となった独特な内容になっている。

解説内容(予定)

新しいタブでプレビュー

「犬神博士」の出来た背景
福岡・箱崎町と夢野久作の関係
筥崎宮と杉山家
博多湾築港と杉山茂丸
ほか
※内容は一部変更になることがございます。


【開催日時】

※新型コロナウィルス感染拡大予防のため、開催延期となりました。
開催日は追ってお知らせ致します。

2021年1月30日(土)13:00~16:00

(途中休憩 約20分あり)
※参加者の皆様には、後日録画版の視聴も可能となります。

【解説】

浦辺 登 / 杉山満丸

解説者の紹介はこちら

【進行】

北川まゆり

【オンラインパネラー】

岩下ユリカ

【参加費】

3,000円(税込)

【お申込み】

お申込みフォームよりお申込みください。参加費はクレジットカード、PayPalまたは銀行振込にてお支払いいただけます。決済確認後、受付完了とさせていただき、開催3日前にZoomの配信URLとパスワードをお送り致します。
またイベント開催後、録画版のURLとパスワードもお送りさせていただきます。

【主催】 

日本のいにしえを護る会


解説者紹介

浦辺 登

歴史作家・書評家
昭和31年(1956)12月、福岡県生まれ、64歳。
福岡大学ドイツ語学科在学中、ベルリンの壁を単独で越えた体験が文章を書く動機づけになる。インターネットの書評投稿サイトで「書評の鉄人」の称号を得る。オランダ系生命保険会社退職後、(財)日本プロスポーツ協会事務局長を経て執筆、講演活動、書籍の編集企画を行っている。
・公式ホームページ https://www.urabe-noboru.com/

著書等を見る
<著書>

・『維新秘話福岡』花乱社、令和2年(2020)9月25日
・『勝海舟から始まる近代日本』  弦書房、令和元年(2019)11月
・『権藤成卿の君民共治論』    展転社、令和元年(2019) 7月(共著)
・『玄洋社とは何者か』      弦書房、平成29年(2017)6月
・『アジア独立と東京五輪』    弦書房、平成25年(2013)2月
・『東京の片隅からみた近代日本』 弦書房、平成24年(2012)3月
・『霊園から見た近代日本』    弦書房、平成23年(2011)3月
・『太宰府天満宮の定遠館』    弦書房、平成21年(2009)8月

<新聞連載>

・「維新秘話福岡」読売新聞福岡県版、平成29年(2017)6月~平成30年(2018)12月

<書評執筆>

・西日本新聞  『国家とスポーツ』『消えた富豪赤星鉄馬』『2019年今年の3冊』など 
・東京新聞   『還って来た山頭火』『天草島原一揆後を治めた代官鈴木重成』『西南戦争民衆の記』
・月刊日本   『振武館物語』『ハーバード日本史教室』『放浪・廻遊民と日本の近代』など

<講演実績>

・2019年 「幕末・明治期、福岡における活躍と人文学」福岡大学人文学部創立50周年記念
・2018年 「維新秘話宗像」「夢野久作と杉山茂丸」「玄界島に遺る玄洋社」、など多数
・2017年 「福岡藩士が活躍した明治維新」福岡中部法人会、など多数

<掲載記事等>

・西日本新聞 「人物現在形」 ・東京新聞 「書く人」 ・毎日新聞西部版 「きんしゃい博多」
・フジテレビ 「とくダネ!」 ・NHK福岡「2018年 維新の傑物たち」(黒田長溥、加藤司書、真木和泉)

<所属研究団体など>

・「福岡地方史研究会」会員 ・「九州ラーメン研究会」会員 ・「人参畑塾」講師

杉山満丸

夢野久作と杉山三代研究会 副会長
昭和31年(1956)、東京都生まれ。64歳。
作家・夢野久作の孫、インド緑化の父と言われる杉山龍丸を父に持つ。
2歳の時、両親の故郷である福岡に帰る。以降大学4年間を除き福岡在住。
大濠高校卒。東京農工大学農学部卒。九州大学農学部研究生(三年間)修了。
農業土木設計、農業土木資材営業、高等学校理科教員を経て、現在「夢野久作と杉山三代研究会」副会長。

著書等を見る
<著書>

『グリーンファーザー』 ひくまの出版、平成13年(2001)
『グリーンファーザーの青春譜』 書肆心水 平成27年(2015)
『ふたつの悲しみ秘話』 長崎文献社 平成28年(2016)
夢野久作と杉山三代研究会 会報『民ヲ親ニス』 1号~7号 
会報別冊「夢の久作のごとある」に執筆協力

<活動履歴>

1987年 すべての財産を失って亡くなった父の資料(段ボール約90箱)をアパートに積み上げて暮らし始める
1988年 活人堂シネマ制作、映画「ドグラ・マグラ」にてシナリオの制作協力及び情報提供
1994年 テレビ西日本の番組『久作の夢』に出演し女優吉行和子と対談
1998年 KBC九州朝日放送『砂漠に緑を~緑の父・杉山龍丸の奇跡~』に俳優田中健氏と出演、インド訪問し、父が緑化した場所を訪問する(470kmのユーカリ並木、3000kmのシュワリクレンジなど)
現地の人々の温かい対応に号泣し父の見方が変わる。(それまでは父を批判的に観ていた)
2002年 テレビ朝日、『ほんパラ!関口堂書店』に著書「グリーン・ファーザー」の資料提供・出演
2004年 『ふるほん福岡 vol.2』に「父との和解」掲載
2007年 文芸春秋 創刊85周年記念2月特別号 日本の親子100人に寄稿
2008年 テレビ東京『世界で密かにメジャー級!SUGOI日本人』に資料提供・出演
2009年 テレビ東京『世界を変える100人の日本人!JAPAN☆ALLSTARS』に資料提供・出演
2011年 日本放送協会(NHK)BShiプレミアム8『杉山家三代の物語』全国放送に資料提供・出演
月刊誌『INDO WATCHER(インド・ウォッチャー) No.168』に寄稿
2012年12月~ 雑誌「西日本文化」隔月刊 「インド緑化の父 杉山龍丸」を連載4回
2013年  任意団体「夢野久作と杉山三代研究会」設立 副会長
月刊誌「フォーNET」に大和心の系譜―杉山家の軌跡 連載開始 2017年終了
演劇大学in福岡 ユメノトーク「孫が語る!夢野久作」講演
2014年  テレビ東京『ありえへん世界』に資料提供・出演
月刊「致知」2月号 特集「一意専心」で「グリーン・ファーザー杉山龍丸の生涯――インド緑化に捧げた一生」掲載
2015年  第1回「グリーン・ファーザーが遺した絆」でインド・台湾の留学生と交流(筑前町)
ネタジ(チャンドラボース)生誕祭に招待され参加(東京・インド大使館)
筑紫野市市民図書館に杉山三代コーナー設置
講演 鹿児島県志布志市、東京都世田谷区、福岡市、筑紫野市、筑前町など
2016年  NHKBShi『将校は、砂漠に木を植えた~インドに渡った隼戦闘機隊員~』に資料提供・出演
孫文生誕150年祭で孫文の孫と交流(東京)、孫文が設立した中山大学(中華人民共和国広州市)へ招待され訪問
ダセラ祭に招待を受けインド大使と交流(東京・西葛西)
KADOKAWAの雑誌「幽」に寄稿
講演 筑紫野市、福岡市など
2017年  チャンドラボース生誕祭(東京)に招待され参加、デセラ祭に招待されインド大使らと交流(東京)
ナマステ福岡(福岡天神中央公園)でインド領事とともにオープニングのテープカット
博多マルイ「文豪ストレイドックス」イベントに資料提供
「グリーン・ファーザーが遺した絆」(福岡県・筑前町)台湾領事館から初参加  
講演 福岡市など
2018年  杉山家の人々展に出品協力(福岡県・芦屋町2月6日~5月27日)
関門時間旅行のイベントに招待され参加(北九州市門司港2月25日)
作家・佐藤究氏の招聘を受け大藪春彦賞授賞式に参加(3月2日)、東京講演(3月3日)
日印協会(東京)で講演(3月16日)
夢野久作と杉山三代研究会 研究大会(東京・拓殖大学 3月17日・18日)で講演
インド大使館より参事官が初参加し挨拶
太宰府文化懇話会(太宰府天満宮・3月24日)で講演
第三回ナマステ福岡(4月21日・22日)にアドバイザーとして参加、大阪インド領事らと交流 
東郷神社(福津市) 春季大祭(5月27日)で講演 
「百年前の自由画展」に出品協力(8月1日~31日)
箱崎宮放生会 商工会イベントに資料提供(9月12日~18日)
北九州美術館 「青柳喜兵衛展」資料提供(9月15日~11月11日)
講演 北九州市、福岡市など


<次回予告>

『夢野久作とアジアの夜明け』第2回「犬神博士」の巻・その2
2021年4月開催予定